日本橋の中山眼科医院 JR東京駅八重洲北口徒歩7分・地下鉄日本橋駅徒歩2分【眼科一般・白内障・緑内障・飛蚊症・網膜疾患・結膜炎】

昭和27年に初めて日本橋に開院した眼科専門の医院です。

結膜炎から白内障・緑内障・網膜疾患まで幅広く診察致します。

ちょっと気になる眼の症状があって、眼科に行こうかどうか迷っていらっしゃる方いろいろな眼科へ通院したが良くならなくて、 どうしたら良いかわからない方是非当院へいらして下さい。
心配なものなのかどうか、ほっておいて良いものか、どうすれば 治るのかを詳しくご説明いたします。


診療内容

眼科一般 白内障 緑内障 飛蚊症
網膜疾患 結膜炎 ドライアイ 眼精疲労
◆眼の事でお困りの方、ぜひお気軽にご来院ください。

診療時間

09:00−13:00





×
×
×
14:00-17:00





×
×
×
   ☆夏休みのお知らせ☆
8月13日(土)〜8月21日(日)
     休診致します

◆休診日:土曜・日曜・祝日
★下記の検査には時間がかかります。予約の必要はございませんが、ご希望の方は、余裕をもって受付を済ませていただきますようお願い致します。
 眼鏡処方---少なくとも30分程度
 眼底検査---40分程度
 視野検査---20分程度 

※木曜日の午前中は、余徳良先生の診察になります。

2022年 7月





1

2

休診日
3

休診日
4

5

6

7

8

9

休診日
10

休診日
11

12

13

14

15

16

休診日
17

休診日
18

休診日
19

20

21

22

23

休診日
24

休診日
25

26

27

28

29

30

休診日
31

休診日







 
投稿:
閃輝暗点
突然目の前にギザギザしたモザイク状の光が見えて、視野がさまたげられたことはありませんか?
それは閃輝暗点です。
大気の状態が不安定な時や、自律神経機能が低下した時に起こります。
もしそのような症状が出たら、両眼で見えるか、片眼で見えるかを確認してみて下さい。
両眼なら脳の血流低下で、片眼なら眼の血流低下です。
確認してから眼科を受診しましょう。


2022年6月30日(木)

 
投稿:
麦粒腫
最近、気温も湿度も上昇し、眼瞼に膿がたまる麦粒腫の季節がやってきました。
伝染するものではないのですが、高脂肪食や運動不足、免疫力の低下に加えサウナや温泉、運動して汗をかいた次の日などに腫れやすいです。
痛みが強い時はまず冷やして、改善しなかったら眼科を受診しましょう

2022年6月23日(木)

 
投稿:
中心性網膜症
物を見る中心の網膜が腫れ、線がゆがんで見えたり黄色に見えたりします。
働きざかりの男の方の片眼に多い病気です。
ストレスで生ずると言われています。
3〜6ヵ月で自然治癒することが多いですが、治らないときはレーザーで治します。

2022年6月16日(木)

 
投稿:
疲れが出易い時期です。
睡眠不足や仕事が忙しく休養が充分に取れないと、身体の免疫力が低下し麦粒腫や霰粒腫が出来やすくなります。
腫れて来たり痛みが強い場合は冷やすと良くなりますので、タオルを水でぬらしてしぼって冷やしてみて下さい。

2022年6月9日(木)

 
投稿:
物がゆがんで見える病気
・中心性網膜炎
・黄斑上膜
・加齢黄斑変性
・黄斑部浮腫  などがあります。
両眼で物を見るとゆがまないこともありますので時々片眼ずつつぶり
片眼の見え方をチェックしましょう。

2022年6月2日(木)

 流行性角結膜炎
投稿:
アデノウィルスによる結膜炎で伝染性があります。
主な感染経路は接触感染です。
潜伏期間は1週間で角膜に炎症が生ずるとゴロゴロしたり痛みを感じます。
治療に2〜3週間かかりますので、充血や目脂が多い時はすぐに眼科を受診しましょう。

2022年5月26日(木)

 結膜下出血
投稿:
老化と共に結膜の血管が突然切れて、白眼のところが真赤になることがあります。
アルコールを飲んだあとや物を持って息んだあとに生ずることが多いのですが、眼底出血も合併することもあるので一度眼科受診をした方がいいでしょう。

2022年5月19日(木)

 
投稿:
季節の変わり目は体調や眼に変化が出易い時期です。
飛蚊症や網膜剥離が多発する季節ですので、黒いものが飛ぶなど見え方に変化が現れたらすぐに眼科に受診しましょう。

2022年5月12日(木)

 
投稿:
花粉症のシーズンのピークは過ぎましたが、春は風が強く黄砂やPM2.5が飛んできますので、かゆみや異物を感じ易くなります。
目薬は続けていた方が良いでしょう。

2022年4月28日(木)

 閃輝暗点
投稿:
突然目の前にギザギザしたモザイク状の光が見えて、視野がさまたげられたことはありませんか?それは閃輝暗点です。
大気の状態が不安定な時や自律神経機能が低下した時に起こります。
もしそのような症状がでたら、両眼で見えるか、片眼でみえるかを確認してみてください。
両眼なら脳の血流低下です。確認してから眼科を受診しましょう。




2022年4月21日(木)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 最初 次のページ>>

現在1ページ目を表示しています



中山眼科医院
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-19
03-3271-9520

Copyright (c) Nakayama Eye Clinic All Rights Reserved.